学問の神様として知られる太宰府天満宮

いまだに何となく不安で乗れないと思っている方は多いlccですが、そこでは気になる国内線lccの評判や、人気のlccランキングなども発表しているので、リアルなlcc情報をゲットできます。これを読めば安心してlccに乗ることができますよ。

学問の神様として知られる太宰府天満宮

太宰府天満宮は、修学旅行の定番となっている観光スポットです。
外国人観光客も多く、受験生が絵馬を書いていたりします。
受験生にお守りを買っていったりするのもいいところです。

ここの流れとしては心字池にかかる赤い橋を渡って本殿を参拝するという感じです。
福岡に行くなら太宰府天満宮は行った方がいいという方も多いんですが、駅を降りたらすぐの場所なのでお年寄りでも安心して観光できます。

厄除けの神様としても 崇敬を集めているそうなので厄年の方やその前後の方は行ってみるといいと思います。
観光客が足を止めるおみやげ屋が多く、敷地内には見事な日本庭園が広がっています。
御本殿から徒歩5分ぐらいのところに、「だざいふ遊園地」もあるのでお子様連れの場合はそこに立ち寄って遊ばせるということもできます。
アトラクションは1歳までは無料など、お得に楽しむことができるのでオススメです。
小さい子を遊ばせることもでき、小学生ぐらいの子なら水上コースターやスカイサイクル・ゴーカートも楽しめます。

参拝だけではなく、遊び場もあるのでファミリーでも訪れやすいという点は太宰府天満宮の魅力ですね。

奥のほうには九州最古のお稲荷さんとして親しまれている天開稲荷社があるので見逃せません。
運勢が上昇する神様とされているそうなので、大宰府にいったら絶対行った方がいいと思います。

地元の方は朝の散歩をしながら立ち寄ったりすることもあるそうです。
春になると、梅がキレイに咲いているのでオススメです。
秋は紅葉もキレイです。
受験シーズンはかなり混雑するので、少し時期をズラしていくのもいいという口コミもありました。

閉門前の暗くなるころに行くと、幻想的な雰囲気を味わうこともできるのでいつもとは違う時間帯に行ってみるのもいいと思います。
参道にはたくさんのお店が並んでいるので、食べ歩きにもオススメですよ。
平日の早い時間なら人も少なくゆっくり過ごせるので福岡の観光前に行くのがベストかもしれません。

関連記事:

  ← 前の記事: