LCCの航空券は片道単位で買うのが基本

いまだに何となく不安で乗れないと思っている方は多いlccですが、そこでは気になる国内線lccの評判や、人気のlccランキングなども発表しているので、リアルなlcc情報をゲットできます。これを読めば安心してlccに乗ることができますよ。

LCCの航空券は片道単位で買うのが基本

LCCで格安航空券を購入するときは、いったん片道だけのチケットを用意したほうが、料金がお得で旅行の日程に自由度も広がります。
往復専用で格安購入券を一度に用意していたほうが料金がお得というのはLCCに限っては当てはまりません。
航空チケットを片道ずつ購入することのメリットを、述べていきます。


なぜ、片道ずつ買うべきなのか?

基本的にローコストキャリアでは往復割引は適用されず、むしろその都度チケットを買ったほうがお得になります。
航空券の料金が往路と復路で変動すると、復路は搭乗直前に購入したほうが安くなっているケースも珍しくありません。
航空チケットのトータル費用は、乗り継ぎも含めた片道チケットを、それぞれ足し合わせるとすぐに計算できます。

そのメリットとしてまずは、滞在日数が自由に自分で決められる点にあります。
大手の航空会社だと、定められた期間以内に帰ってこなければなりませんが、格安航空会社ならいつでも自分が帰りたいと思った時に片道でチケットを買えば問題ありません。

フライトをもっと満喫する裏ワザ

復路のチケットが自由に買えるので、それだけ変更の融通も効き易くなります。
たとえば、行きに格安航空を利用したけど不満だったので、帰りは大手の充実したサービスでゆったりくつろぎたい、という選択もできるんです。

他にも、急ぎで行きの航空チケットを買ったのは良いけど、割引が適用されずに高くついてしまった場合、帰りのチケットの購入タイミング次第で取り返せるかもしれません。
復路のチケットがたまたま航空会社のキャンペーンやセールの時期と重なっていれば、片道だけでも安くできるメリットもあるのです。
往復路で一度にチケットを購入しようとしても安くならないときは、こんな裏技も使えるんです。

片道だけでも節約できるなら、機内サービスも楽しむために上級クラスの籍を満喫してみる、という選択もしやすくなりますね。
片道チケットをうまく組み合わせて、料金やサービスに納得のいく旅にしてみましょう。

  ← 前の記事:   次の記事: