LCCの料金が変動する仕組みについて

- LCCの料金が変動する仕組みについて

LCCの料金が変動する仕組みについて

LCCの格安航空券の値段は、時期ごとにある程度予測はつきやすいものの、日ごとに変動していくため購入のベストタイミングを見定めるのは難しいです。
たった1日の違いで、格安航空券の値段に2〜3倍の開きが出てしまうのも珍しくは無いんです。
ここでは、LCCの料金の変動を見極めるコツをまとめています。

安くなる時期と高くなる時期を知る

LCCのチケットがいくら安いと言っても、買うタイミングを間違えると大手航空会社の通常チケットとそれほど差が無くなってしまいます。
一番避けたほうが望ましいのは、長期休暇や週末の繁忙期に加えて、出発の時間が迫ったチケットです。
直前のチケットは運が良ければ安くゲットできる機会もありますが、それも予想がつかない限りは賭けみたいなものなので、堅実に狙うには向いていません。

1日の料金の変動について

大手の格安航空会社になると、同じ日のフライトの複数便の間で、料金が変わることがあります。
行きの便のチケットを買う際には、旅行先でのその日の滞在時間が短くなってもいいなら、午後の便のほうが安い傾向があるので、狙っていきましょう。

逆に帰りの便については、早めに日程を切り上げて朝の便に乗った方が、安くつきます。
スケジュールにゆとりのある旅行なら、その時々の混雑状況を見極めて、空いているときにすぐさま予約を取る方法もおすすめです。


料金でサービスに差が出るのか?

格安航空会社で激安のチケットを取れたからと言ってサービスの質が悪くなる心配はありませんし、逆に言うと高いチケットでも特別オプションやサービスの質の向上は望めません。
良くも悪くも、ローコストキャリアの料金は全く持ってその時々の混雑状況にしか左右されないのです。

だからこそ、不必要な出費を極力避けるために、購入するタイミングこそが大事なんです。
航空会社によっては複数のプランが用意されており、その場合は料金とサービスの内容ともに違いがあるので、目的に応じて選びましょう。

  ← 前の記事:   次の記事: